なんで僕がInstagramに力を入れたのか!?

f:id:bio10020703:20181014171556j:plain

 

男性でも4割が毎日Instagaramを閲覧しているという事実。

 

女子高生・女子大生など若い人達の間で大流行しているInstagram。

 

今では世界で10億人のアクティブユーザーが使用していると言われています。

 

個人だけではなく企業までの参入が行われ1万社以上の企業がInstagramを使用しています。

周りを見渡せばパシャパシャ写真や動画を撮ってInstagramにて投稿。

こんな光景が当たり前になってきて、Instagramをやっていない人がいないのではないか!?
って思うくらいですよね(笑)

 

「インスタグラマー」
「インスタ映え」
「映える」

 

Instagramの誕生により、以前まではなかった言葉も誕生してきました。

僕も少し前まではInstagramに物凄く力を入れていました。

 

●どうやったらいいねを多く獲得できるか。
●どうやったら大勢が自分のページを見るか。
●どうやったらフォロワーが増えるのか。
●どうやったら映えるのか。

 

↑インスタ中毒ですね(笑)

2017年の1月に始めて8ヶ月後にはフォロワーが1万人を超えました。

 

 

僕のInstagramはこちら

 

今回は僕がなんでInstagramに力を入れたのかについてお伝えします。

 

 

 自分のアパレルブランドを立ち上げたい!

f:id:bio10020703:20181014171607j:plain

僕がInstagramに力を入れる1番大きな理由はこれです。

 

もともと、物凄く服が好きでした。

 

 そんな時、当時大学の先輩がオリジナルブランドを立ち上げていたのです。

この時に僕はビビッときました。

 

今まで自分が服を買う側だったけど、自分がデザインして販売するのが凄く面白そう!!

 

もともと大学生の時に仲の良かった友達と0から1を生み出したい。

そんな話をしていたので、友達と2人で立ち上げることを決意。

 

どうやって大勢にに自分の服を着てもらうか?
どうやって大勢に注目してもらうか?

↑これを実現できそうなのがInstagramだった。

 

これが僕がInstagramに力を入れた1つになります。


こちらの記事も参考にしてください。

 

 何をするのが好きなのか!?

自分が何をしているのが好きなのか?

何になりたいのか?

 

これを考えるきっかけになったのが大学3年の時から始めた就職活動でした。

 

当時僕は大企業に就職して年収は1000万円以上稼いで、20代後半で綺麗な奥さんと結婚して、夜ご飯は家族で美味しいご飯を食べるというのが憧れでした。

 

そして、教職もとっていたので、教員になって大好きな子供達と過ごして、20代後半で綺麗な奥さんと・・・(↑一緒)。

 

あ、結局は綺麗な奥さんと結婚して・・・がいいんだ。っていうのが行き着きました。

そしたら、別に大企業に勤めなくても、教員にならなくてもよくね?
ってなり、じゃあ自分は何になりたいんだ〜ってなったんですよね。

就職活動で見つけたやりたい事の見つけ方 

 

●何をやっている時が楽しいのか。
●何をやっている時が時間が早く経つのか。
●何をやってる時に幸せを感じるのか。 

これが僕の場合

「好きな人と一緒にいる時」
「旅行している時」
「美味しいものを食べている時」
「筋トレしている時」
「映画を観ている時」


↑こんなことが出てきたんですよね。

 

じゃあ、これらをできるだけ楽しんでできるだけ発信しよう!!って決めました。

大学生の時だし、時間はめちゃくちゃありましたからね(笑)

 

そして、これらをInstagramにて紹介する。
これがシンプルに楽しかったです。

自分のファンを作る

f:id:bio10020703:20181014171606j:plain

Instagramに投稿していくと、自分と同じ考えをしている人と仲良くなります。

 

そしたらフォロワーが増える。
(大袈裟だけどここではファンと呼びます)

 

誰しも承認欲求というものがあるので、不快な思いはしません。

 

僕の場合はアパレルブランドを立ち上げていたので、自分のInstagramでファンを作り、そのファンの方が自分のブランドページを訪れてくれる。

これが僕の目的でした。

 

そしてファンが増えると、他の企業様からのギフティング(プレゼント)をいただけるようになります。

 

よくインスタグラマーの方々が〇〇樣から頂きましたとか載せてますね。

 

僕もフォロワーが4千人くらいになってからは結構お話がきました。

 

誰しもがインフルエンサーになれる時代になったからこそ、自分のファンを作るのは絶対に損ではないです。

 

自分が広告として発信できるから、なんでもできるようになります。

 

無名の人が着ている服よりも、有名な人が着ている服の方が欲しくなるでしょ?
(その服を着て投稿する。ここにキャッシュが発生するようになります。)

 

ファンができたらどんなことがあるのか?

 

自己満

f:id:bio10020703:20181014171603j:plain

結局は自己満に落ち着くとは思います。

 

自己満=好きなこと


旅行が好きな人もいれば、嫌いな人もいる。
筋トレが好きな人もいれば、嫌いな人もいる。
映画が好きな人もいれば、嫌いな人もいる。

 

Instagramも一緒です。

 

楽しいからやった。それだけ。他に理由なんかいらない。

 

でもなぜか、批判が生まれるのも事実です。
ファンができればアンチも出てくるのです。

 

旅行が嫌いな人は旅行を批判する。
筋トレが嫌いな人は筋トレを批判する。
Instagramを嫌いな人はInstagramを批判する。

 

当たり前ですよ!!


でも旅行好きなのに批判されて、予約していたハワイ旅行キャンセルしますか??
しないですよね(笑)

 

一緒ですよ!
批判は批判。全員の声に耳を傾けていたら人生つまらなくなりますよ。

 

フォロワーが増えたら

結局Instagramでフォロワーが増えたらどんなことがあったのか。

  • 自分の優越感
  • ギフティングをもらえる
  • 無料で旅行に行けた
  • 影響力がついた

とか、こんな感じですかね。

特に嫌なことは1つもなかったからよかったです!! 

Twitterのフォローはこちら

Instagramのフォローはこちら