今年観ないと間違いなく損する映画

タイトルから言います!

ボヘミアン・ラプソティ

f:id:bio10020703:20181119214040j:plain

 

今年観た映画の中で格別に面白く、ご紹介いたします。

ちなみに今年1年で観た映画は150本くらいです。
(今年公開したものだけではないですが、、、)

その中でダントツに面白かった。

 

ボヘミアン・ラプソティとは

まず、ボヘミアン・ラプソティとはどんな映画なのかというと、世界的スターロックバンドのQueenのフレディ・マーキュリーの人生を描いた映画になります。

どのようにしてQueenが誕生していったのか。
それが135分間にぎっしり詰まった内容。

じゃあ、この映画を観た感想をお伝えします。

  • 魂が熱くなった
  • なぜか涙が出てくる
  • 汗をかいた
  • 音楽を全部聴きたくなった
  • 誰かに勧めたくなった

こんな感じです。
普通に映画を観ていて汗をかいたのは正直人生初めてです。

だって、座って観ているだけで汗かくわけないでしょ!
(空調の問題だったら別ですけど・・・)

 


フレディ・マーキュリーとは

フレディ・マーキュリーとは世界的有名ロックバンドのボーカルです。
1991年に45歳という若さで亡くなっているため、知らない人も多いかもしれないです。
僕の生まれた時にはもう亡くなっています。

死因についてはHIV感染合併症の肺炎によるものです。

彼はゲイで不特定多数の男性との関係を持っていたため、エイズに感染しました。

その45年間の中で非常に多くのことを残してくれました。

僕が生まれる前には亡くなっているのに、何故か彼の音楽を多く知っているくらい彼は有名なんですよ。

ボヘミアン・ラプソディから学べるもの

間違いなく、映画を観た後、魂が熱くなること間違いなしです。
特に後半にかけて、物凄く熱くなります。
代謝がいい人はここで汗をかくかもしれません。

基本的に今まで映画を観てきた中で泣いたことがあるのは下記が理由です。

  • 感動したから
  • 悲しくて

でも、正直この映画には、なんで泣けるのかがわからない

 

謎の涙がこみ上げてきました。

終わったら、フレディの人生観がすごく好きになってました。

そしていろんな音楽が聴きたくなりました。

彼の人生観について非常に勉強になる部分があります。
(特に男性はこういう映画好きかもしれません)

 

 

最後に

この映画をご覧になるなら、確実に映画館です。

音楽が多く流れてくることも多いので映画館の方がボリュームいいでしょう!

詳細については書くつもりはないですが、確実に観ないと損します。

皆さんの感想をお待ちしております。


映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!