【レビュー】メモの魔力 〜前田祐二〜

メモが人生を変える。

あなたはそんなことが信じられますか?

誰しもが人生で何度かとったことがあるのではないでしょうか?

そんな誰しもがやったことがある、「メモ」これがあなたの人生を変えるといったら、とても驚くのではないでしょうか?

今回ご紹介するのは、そんな「メモ」により人生を変えた話になります。

f:id:bio10020703:20190116063144j:plain

 

どんな人にオススメの本?

人生を変えたい!

少しずつでもいいから人生を変えたい!

そう思っているあなたにオススメの本になります。

あなたは考えたことがありますか?

「メモ」があなたの人生を変えるようになるんですよ?

どうでしょうか?すごく興味が湧きませんか?

著者

前田 裕二(まえだ ゆうじ、1987年6月23日 - )は、日本実業家SHOWROOM株式会社代表取締役社長。

(Wikipedia)

現在、最も有名な実業家の1人で、交際相手は、あの石原さとみさん。

才能だけではなく、美貌も兼ね備えたイケメン社長です。

 

概要

幼い時に両親を無くし、年の離れたお兄さんに育てられた前田さんは、ギターの弾き語りで生計を立てていました。

ただギターを弾くだけでは、当然稼ぐこともできず、どうすれば多くのお客さんが聴いてくれるのか?
そんなことを考え、お客さんの気づいたことをメモに残す習慣をしていました。

そうするとこんな事に気付きます。

◆事実
・カバーを曲を歌うと、オリジナル曲の時より立ち止まってくれる。
・立ち止まってくれた人のリクエストに答えると、ぐっと仲良くなる。
・そうして仲良くなった後に、オリジナルを歌うともっとお金がもらえる。

◆抽象化
・仲良くなるには、双方向性が大切。
・人は上手い歌ではなく、「絆」にお金を払う。

◆転用
・双方向性があり、絆が生まれる仕組みをネット上に作る。

これにより誕生したのがSHOWROOMです。

日頃見逃している事実を抽象化し、そこから得られた内容を自分に置き換えて転用していく。

これが前田さんの人生において成功をもたらしました。

ただ、すごいのはこのメモの取り方、街で歩いている時や会議をしている時、あらゆる時においても前田さんはメモをとる。

メモは前田さんにとっての生き方であるのがよくわかる本になります。

感想

正直、ここまでの徹底ぶりには驚きました。

才能を兼ね備えたと話しましたが、それだけの努力をしている方だというのも、凄く伝わります。

もしかしたら、メモを取ることが当たり前になっているので、努力ではなく、夢中になっているのかもしれません。

それくらいメモを取る事に対して徹底している。

この本からは前田さんの人生を感じることができます。

 

まとめ

●お金よりも「絆」を重視する価値経済という社会の変化を受け、目の前のワクワクに熱中する方が、共感を集め、仲間を集め、お金も集める。

●映画を観終わった後に、9割の人は「面白かった」で終わる。なぜ面白いのか?をしっかりと言語に落とし込むようにする。

●今後オタクは最強になる。好きをとことん追求していき、そこに独自の観点を加える事により価値が生まれるようになる。そのためにも抽象化能力と言語化能力は必須である。

 

まずは、自分の抽象化能力と言語化能力を鍛える事から始めなければなりません。

今日からあなたもメモ魔に。

 

あわせて読みたい 

www.nobuakishima.com