一瞬で変われる「天才の思考パターン」

天才と凡人の思考にはある違いがあるのはご存知ですか?

ではあなたの思考は天才と凡人ではどちらに分類されますか?

たった数分でその思考を獲得できればどうなるでしょうか。

きっと今後の人生において役立つ知識がこの本には込められています。

f:id:bio10020703:20190119212907j:plain



「天才の思考パターン」(青木聡 氏)

 

 

 かの有名なアインシュタインはこのような言葉を残しています。

「何かを学ぶためには、自分て体験する以上にいい方法はない」

天才と呼ばれる人たちは、行動して自らの人生で経験するということを成し遂げてきたからこそ、天才と呼ばれるようになりました。

 

どんな人が読むのがオススメか

今の人生に満足度をつけるとするならばどれくらいでしょうか。

①今の人生に満足していて、目指すべき姿は明確化していますか?

②これまでの人生を振り返り、多くの成功をしてきましたか?

③これからの人生を考え、これまでのような人生で満足できますか?

 

これらの質問に対して「No」という答えがあれば是非読むことをオススメします。

これまでの人生で成功してきた人が、どうして成功したのか?どうすれば成功するのか?という答えがわかります。

 

著者

 1984年、宮城県生まれ。東北大学医学部医学科卒業、東北大学院博士課程修了。20代のある時、人口の上位2%の知能をもつ人の交流グループ「MENSA」の存在を知り、テストを受けたところ合格。それをきっかけに「知能」を自覚的に使い始める。以降、それまで苦手意識のあった人間関係をうまくコントロールすることで、思い通りの結果を出せるようになった。(天才の思考パターン)

概要

 天才の思考パターンと凡人の思考パターンはどのようになっているのでしょうか?

一般的に天才と呼ばれる人たちはどのように天才と呼ばれるようになってきたのでしょうか?

この本に書かれているのは今すぐ天才思考になれる方法です。

アインシュタインの言葉にこのような言葉があります。

「私には特殊な能力はありません。ただ熱狂的な好奇心があるだけです。」


あの天才と呼ばれるアインシュタインもこのような言葉を残しております。

あなたもきっとこれを読めば天才になれます。

 

また編成はこのようになっております。

第1章

普通の人は今のやり方を信じて疑わず、頭のいい人は判断基準が明確で変化を恐れない。

第2章

普通の人は周りに振り回され、頭のいい人はうまく利用する。

第3章

普通の人は型にこだわり、頭のいい人は準備で差をつける。

第4章

普通の人はその場しのぎでやり取りし、頭のいい人は用意周到な計画で操作する。

第5章

普通の人は無自覚にブレーキを踏み、頭のいい人は貪欲な探究心で満たされている。

 

得られること

今回私が1番学んだことをご紹介いたします。

私たちの人生を作っているのは選択です。

これまでの人生も私たちは選択してきたような人生になっていますし、これからの人生も私たちは選択したようになっていきます。

ではその選択をどのようにしたら良いのか?
選択はスピーディー且つ面白い方を選ばないといけません。

①損か得か

②続けられるか続けられないか

③好きか嫌いか

④合うか合わないか

⑤既知か未知か

これらをこれからの判断基準としてみましょう!

”Yes"が3つ以上だった場合、あなたに正解をもたらす可能性が高いです。 

まとめ

あなたは天才として生きていきたいですか?
それとも凡人として死んでいきたいですか?

あなたにとってこの本は判断基準に当てはまりますか?

①損か得か

②続けられるか続けられないか

③好きか嫌いか

④合うか合わないか

⑤既知か未知か

 

あなたにとって今後の人生を変える1冊になります。

①今の人生に満足していて、目指すべき姿は明確化していますか?

②これまでの人生を振り返り、多くの成功をしてきましたか?

③これからの人生を考え、これまでのような人生で満足できますか?

 

あわせて読みたい

www.nobuakishima.com